ウェザーマスター ブリーズドーム/300 Ⅳとウェザーマスター 4Sドームノトス/300の比較

hinata item

>

人気のテント比較

>

ウェザーマスター ブリーズドーム/300 Ⅳとウェザーマスター 4Sドームノトス/300の比較

人気のテント比較

コールマン、スノーピークなどの人気メーカーのテントを
機能、価格、シーン、シリーズなどあらゆる視点から比較していいます。
テント選びにおすすめの情報や、おすすめランキングも紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ウェザーマスター® ブリーズドーム/300 Ⅳ」と「ウェザーマスター® 4Sドームノトス/300」の比較

ウェザーマスターシリーズと一言で言っても、多くの種類があります。これらの違いはどこにあるのかと疑問に思う方もいるでしょう。実はウェザーマスターの中でも、ブリーズドームと4シーズンドームの2種類に分けることができます。今回はこれらのテントで代表的なものを紹介し、比較していきます。

春夏秋の3シーズンで使える!
「ウェザーマスター® ブリーズドーム/300 Ⅳ」
「ウェザーマスター® ブリーズドーム/300 Ⅳ」は、ブリーズドームに分類されます。ブリーズドームはインナーテントにコットン素材を生地に使用することで通気性が良く、夏場のキャンプで活躍します。また、ベンチレーションも大型で、涼しい風を取り込みやすい構造になっています。
もともと冬キャンプでの使用を想定していない、3シーズンのキャンパーにはブリーズドームがおすすめです。
冬場も含めた4シーズンで使うなら!
「ウェザーマスター® 4Sドームノトス/300」
「ウェザーマスター® 4Sドームノトス/300」は4シーズンドームに分類されます。4シーズンドームはオールシーズン快適に過ごせるのが特徴。夏は上下に搭載されたベンチレーションで通気性を抜群にしています。一方冬には、オールポリエステル素材を生地に使用していること、床部分には冷気の侵入を防ぐマッドスカートを搭載し、寒さをシャットダウンします。どの季節でも使える、最高レベルの機能性を備えたテントです。
商品名
ウェザーマスター® ブリーズドーム/300 Ⅳ

ウェザーマスター® 4Sドームノトス/300
価格 (税別) 70,000円 85,000円
使用時サイズ 300x300x200(h)cm 300×300×190(h)cm
重さ 14.7kg 14.5kg
生地素材 コットン混紡ポリエステル 68Dポリエステルタフタ
マッドスカート なし あり

「ウェザーマスター® 4Sドームノトス/300」の方が価格が高くなっています。これは夏に活躍するベンチレーションの多さ、冬に重宝するマッドスカートやポリエステル素材が充実しているからです。一方「ウェザーマスター® ブリーズドーム/300 Ⅳ」は、通気性の高いコットン素材を使っていることで、夏は涼しいですが冬場は寒くなりやすいでしょう。
四季を通じて使いたいなら「ウェザーマスター® 4Sドームノトス/300」、夏場を中心に使いたいなら「ウェザーマスター® ブリーズドーム/300 Ⅳ」を購入するのがおすすめです!

コールマンのおすすめテントに戻る>

この記事を友だちにシェアしよう!