ユニフレーム ちびパン 2×2の商品紹介

ユニフレーム ちびパン 2×2

ユニフレームの小ぶりなフライパン「ちびパン 2×2」です。リッド(フタ)がついていて、同じサイズが2つのセットになっています。1人分の料理や、ちょっとしたおつまみなどを作る際に重宝します。直火でもIHでも使用可能な黒皮鉄板で、メンテナンスも簡単です。さらに、クッカーとしてだけではなく、そのままテーブルにサーブして器として使用することもできるので、食卓がオシャレになります。そのため初心者の方や女性におすすめです。ここではちびパン 2×2の特徴や使い勝手などをご紹介します

機能性に優れた黒皮鉄板を採用

素材には「黒皮鉄板」を採用しています。通称「黒皮」と呼ばれる表面は、鉄を1200度程度に加熱し、圧延(あつえん)という板の形状を変えていく過程でできる酸化皮膜のことを指します。熱により酸化鉄となった黒皮は赤サビ(空気中の酸素と半のし、水を含んだ酸化鉄)を防止する役目を果たします。
ただし、完全なサビ予防ではないので、使用後のお手入れは必要です。酸化皮膜は一般的な塗装皮膜のように、異なった物質が付着しているのではなく、鉄自身が酸化変質したものなので、剥がそうとしても簡単に剥がれるものではありません。酸化皮膜の表面は、微細な凹凸があり、油馴染みが良いため、中華鍋やフライパン等にも使用されています。

衝撃性が強く温度変化に強い

黒皮鉄板は、一枚の鉄を1200度程度に加熱し、圧延(あつえん)して板の形状を変えているので、衝撃を与えても割れにくく、急激な温度変化にも強いです。鋳鉄(ちゅうてつ)製のスキレットは、性質上、衝撃や温度変化に弱いです。例えば、高温に熱せられたスキレットに冷水をかけてしまうと、急激な温度変化により、すぐにヒビが入ってしまうことがあります。しかし、ユニフレームのスキレットは一枚の板から作られているため、衝撃や温度変化にとても強いです。

お手入れ簡単

黒皮鉄板のため、メンテナンスがとても楽です。サビが発生しにくいので、その分メンテナンスの手間が減り、お手入れが簡単です。また、酸化皮膜は洗剤で落ちることがないため、家庭用洗剤や金タワシで洗うことができます。

フラットな底面で便利なIH(電磁調理器)対応

小さいお子さんがいるご家庭ではガスコンロではなくIHのキッチンのところも多いかと思います。確かに熱源が火ではないので安全なのですが、基本的にIH対応のフライパンや鍋は、直火で使用すると傷んでしまうことが多いです。しかし、このダッチオーブンの場合は直火にもIHにも対応することができるので、アウトドアだけではなく日常的にダッチオーブンを使うことができます。

使い易いサイズでデイリーユースに最適

小ぶりなフライパンなので、一人分の料理や、ちょっとしたおつまみを作る際に、ちょうど良いサイズです。また、調理したものをそのままテーブルに置いてもオシャレです。また、リッド(フタ)を使うことで、蒸し料理などができるようになります。フタを使うことにより、ハンバーグなどを、中はジューシーで外は香ばしく仕上げることができます。ちびパンの一人分のサイズでフタがあると、ソロキャンプでの料理やおつまみの幅が広がります。

ちびパン 2×2の基本情報

商品名 ちびパン 2×2
ブランド ユニフレーム
価格 3,600円
型番 666401
サイズ 本体:約直径163×35mm(1枚あたり)
リッド:約直径164×44mm(1枚あたり)
重さ 本体:約390g×2
リッド:約130g×2
材質 本体:黒皮鉄板1.6mm厚クリアラッカー焼付塗装
ハンドル:スチール
リッド:スチール・シリコン塗装

同じブランドの関連アイテム


最近チェックしたアイテム

  • シーズンズランタン2017
  • iron-stove 改
  • SIGHT
  • ステンレス時計1型薪ストーブAS-60
  • Allak
  • タトラ3
  • KAMADO(かまど) 煙突ストーブ
  • 薪グリル
  • トレックマミー/L-5
  • ダウンハガー800 #1
  • ワイドリビング ツーリングドーム
  • トルテュライト