ロキシー スノージャケット RIDGEMONT JK SGRHの商品紹介

hinata item

>

ロキシー

>

ウェア

>

アウター

>

スノージャケット RIDGEMONT JK SGRH

ロキシー スノージャケット RIDGEMONT JK SGRH

ロキシー「スノージャケット RIDGEMONT JK SGRH」は、防水性や透湿性を高めるだけでなく、パウダースカートやチンガードなどの素材や機能にもこだわったジャケットです。デザインに関しては、サイドの生地が切り替わっており、柄があるのが特徴です。ここでは、「スノージャケット RIDGEMONT JK SGRH」の特徴やスペック、使い勝手などを紹介します。

マイクロファイバーチンガードで肌触りも保温性も抜群

保温性や吸湿性、通気性に優れたマイクロファイバーチンガードを採用し、肌触りも最高です。チンガードとは、簡単に言うと、ジャケットの首回りの部分です。チンは「のど」を指し、ガードは「守る」です。マイクロファイバーとは、合成繊維の一種で、原料はナイロンとポリエステルです。細さは8マイクロメートル以下で、髪の毛の約100分の1です。肌触りが良いので、主にタオルや衣服に使われています。

表側全ての縫い目にシームテープ加工をすることで、水の侵入を防ぐ

表側全ての縫い目にシームテープ加工されています。ほとんどのウェアは、様々なパーツが繋ぎ合わさってできているため無数の縫い目があり、その縫い目から水分が侵入してくる可能性が高くなります。しかし、縫い目にシームテープ加工されていることで、その侵入を防ぐことができます。

タフタパウダースカートで雪の侵入を防ぐ

パウダースカートとは、ジャケットの内側が二重構造になっていて、内側の布のスナップボタンなどを閉じたり絞ったりすることで、ウェア内への雪の侵入を防ぐことができるものです。パウダースカートがあることによって、初心者で転びやすい方でも、思い切り滑走することができます。

着脱可能かつ3way調節可能なフードで、気分や天候に合わせて自由に切り替え可能

3wayフードなので、その時の天候に合わせて調節することができます。また、着脱が可能なので、天気が良い時には外して首元を出すことで、爽快に滑ることができます。気分や天候で自由に切り替えましょう。

テーラードフィットで引き締まったシルエットを演出

テーラードは「仕立ての」という意味で、素材・型・仕立て方などが硬く、しっかりと仕立てられたものを指します。テーラードフィットはすっきりとした細身が特徴で、引き締まった印象を与え、スマートに着こなすことが可能です。

スノージャケット RIDGEMONT JK SGRHの基本情報

商品名 スノージャケット RIDGEMONT JK SGRH
ブランド ロキシー
価格 35,000円
型番 ERJTJO3014
発売時期 2015年
サイズ S、M、L
材質 表地:ポリエステル100%、裏地:ポリエステル100%、インサレーション:ポリエステル100%
性別 WOMEN

最近チェックしたアイテム

  • シーズンズランタン2017
  • iron-stove 改
  • SIGHT
  • ステンレス時計1型薪ストーブAS-60
  • Allak
  • タトラ3
  • KAMADO(かまど) 煙突ストーブ
  • 薪グリル
  • トレックマミー/L-5
  • ダウンハガー800 #1
  • ワイドリビング ツーリングドーム
  • トルテュライト