テントマーク Takibi-Tarp Cotton Recta(タキビタープコットンレクタ)の商品紹介

hinata item

>

テントマーク

>

タープ

>

レクタタープ

>

Takibi-Tarp Cotton Recta

テントマーク Takibi-Tarp Cotton Recta

コットン素材のレクタタープです。タープ付近で焚き火をした際に火の粉が飛んできても、穴が開きにくい仕様になっています。オプションの難燃シートを使用することで安全性が増し、タープの下でも火の粉を気にせず焚き火をすることができます。ここではTakibi-Tarp Cotton Rectaの特徴や機能についてご紹介します。

焚き火が大好きな方におすすめ

火の粉に強く遮光性の高いコットンを使用しています。タープ付近で焚き火をした際に火の粉が飛んできても、穴が開きにくいところが特徴です。ですが防炎加工ではないので、タープ内での焚き火はできません。オプションとして難燃シートを使用するとタープ下でも焚き火を楽しむことができます。ゆらゆらと揺らめく焚き火を見ながら、アウトドアを楽しむことができます。

レクタ型タープ

レクタ型タープの特徴は、確保する空間が広いことです。その分ポールの数が増え設営に時間がかかってしまいますが、BBQやキャンプ、イベントなど大人数での使用や、長期滞在型のキャンプをする方にはおすすめのタープです。

コットン生地とコットン混紡生地の違い

コットン生地とコットン混紡生地(TC)の大きな違いは、重さです。コットン生地の方は綿100%のため重量があります。それに比べ、コットン混紡生地の方は、ポリエステルを混ぜた生地になっているので、コットンより軽い生地になっています。ただ、火の粉に対しての強度は綿100%のコットン生地のほうが高く、穴が開きにくくなっています。生地の違いによりタープ自体の色味も少し違います。コットン生地はグレーに近い色、コットン混紡生地はベージュとなっています。

雨の日でも焚き火を楽しめる

防水性を心配する人がいると思いますが、コットンは水を含むと糸が膨張することにより防水性が高まる仕組みになっています。完全防水ではありませんが、水が浸みてくる心配はありません。雨の日でも安心して使用することができ、焚き火も楽しむことができます。しかし水が溜まる部分は、浸みやすくなるので、水が溜まることのないように設営をしてください。防水性を上げるため使われているPU加工は、年々劣化していきます。それに比べコットンは生地自体の性質として防水性を高める能力があるので、長く愛着を持って使い続けることができます。

Takibi-Tarp Cotton Rectaの基本情報

商品名 Takibi-Tarp Cotton Recta
ブランド テントマーク
価格 32,800円
サイズ 約440×495(h)cm
重さ 約7.4kg
材質 コットン
セット内容 張り縄:直径6mm 10m×2本、4m×4本、収納ケース
(ポール、ペグ、ハンマーは付属していません)

同じブランドの関連アイテム


最近チェックしたアイテム

  • SIBLEY600 スタンダード
  • Alfheim12.6m2
  • FD KID'Sチェア RD
  • *2015年 限定モデル* ローチェア30 クラシック(グレー)
  • ポルヴェーラ34
  • ピコラ
  • ウェザーマスター®デュオドーム
  • SABOTAGECLASSICKS
  • EX-1000C
  • レインボーストーブ RB-25F (ホワイト)
  • トレックドームカペラ/120
  • タスマンキャンピングマミー/L-15