ナンガ DOWN BAG 250STDの商品紹介

ナンガ DOWN BAG 250STD

夏からちょっと肌寒くなる秋の始まりまで使えるマミー型シュラフです。ナンガのシュラフの中では低価格で、スタンダードなモデルになります。ナンガのシュラフは、ヨーロッパ産の高品質なダウンを国内で加工したものを使用し、国内自社工場での高い技術で製造にこだわっており、信頼性と品質ともにトップレベルになっています。ここでは、DOWN BAG 250STDの特徴・スペックを紹介します。

3シーズン使えるシュラフ

快適使用温度が4℃に設定されており、少し肌寒い春や秋のキャンプでも使用できるシュラフです。余計な機能のないシンプルなつくりで、軽量・コンパクトに設計されているため小さなザックにも入り、ツーリングや登山で使用するのもおすすめです。

シンプルな軽量化構造

シングルキルト構造と呼ばれる方法でシュラフを縫製しています。表地と裏地を直接縫い合わせることで、シュラフ本体を軽量・コンパクトに仕上がっています。夏用のシュラフに多く採用されている構造です。

軽量かつ保温性抜群のダウン素材

ダウン素材の特徴は、軽量かつ保温性に優れている点です。羽毛と羽毛の間に暖かい空気の層を作るため、保温性が高くなります。また、中綿部分に空気を多く含むため、軽量で、収納もコンパクトになります。ただし湿気に弱く、ダウンが濡れると保温性が低下してしまうので注意が必要です。

身体にフィットし保温性の高いマミー型

マミー型シュラフは、身体のラインにフィットし保温性が高い点が特徴です。無駄な隙間が少ないため、外気の侵入を最小限に抑えることができ、冬季の利用に適しています。 また、封筒型に比べて余分な生地部分がなくコンパクトで軽量なため、本格的な登山キャンプやツーリングキャンプに最適です。

スムーズなファスナーの開閉

通常のシュラフは軽量化のために極薄の生地を使用するため、どうしても咬み込みが発生してしまいます。この問題を改善するため、ナンガシュラフのファスナーには、咬み込みの原因となる隙間を最小限に抑えるパーツを採用しています。この特殊パーツによって、咬み込みの発生を軽減し、スムーズでストレスフリーな温度調整や収納を実現しています。また、咬み込みによる生地の傷みも軽減できるため、シュラフをより長く使う事が可能になります。

安心と安全の高品質保証

ナンガのシュラフは全て日本製、かつ高い品質基準をクリアし、SEKマークを取得しています。SKEマークは、抗菌防臭効果、効果の耐久性(耐洗濯性)を保証しています。また、ナンガのシュラフは、メーカーによって永久的に無料修理が保証されています。これらは、ナンガのシュラフが安全で安心の高品質にこだわって作られているからこその保証です。

DOWN BAG 250STDの基本情報

商品名 DOWN BAG 250STD
ブランド ナンガ
価格 18,900円
型番 DB8
サイズ 収納サイズ/直径14×24cm
重さ 690g(ダウン量/250g)
材質 生地/40dnナイロン
使用温度 快適使用温度/4℃
限界使用温度/-1℃
適応身長 ~175cm

同じブランドの関連アイテム


最近チェックしたアイテム

  • KAMADO(かまど) 煙突ストーブ
  • Fb.ストーブS50
  • バーベキューテーブルⅡ
  • ロジックキャンプオーブン8インチ
  • neosPANELストリームドームM
  • 時計1型薪ストーブAF-60
  • CSクラシックス ロールテーブル〈70〉
  • Analog 3LS Snowblind Trench GORE-TEX® Jacket Black
  • PROTOCOL
  • 2SECONDS XL AIRスタンダートモデル2人用
  • レインボーストーブRL-25F
  • Q-PANEL インセクトスクリーン 3538