アラジン ブルーフレーム3911(G)グリーンの商品紹介

hinata item

>

アラジン

>

フィールドギア

>

ブルーフレーム3911(G)グリーン

アラジン ブルーフレーム3911(G)グリーン

アラジンブルーフレームは、約80年間少しずつ改良を加えながらも、基本的なモデルチェンジのない完成されたフォルムと性能をもつストーブです。レトロでおしゃれな石油ストーブとして、長い間多くの人から愛され続けています。ここではブルーフレーム3911(G)グリーンの特徴や機能についてご紹介いたします。

レトロでコンパクトなデザイン

ブルーフレームはコンパクトに作られていることから、キャンプに行くときなども車の積み込みにあまり困らないでしょう。取っ手がついており、持ち運びにもあまり苦労しません。またレトロなデザインが高評価で、長年改良されながらも基本的なデザインは変わらず、多くの方々に愛用され続けています。

電池なしで使用できる

他メーカーの石油ストーブだと、電池が必要な場合があります。しかしブルーフレームは電池なしで使用することができます。その代わりチャッカマンやマッチなど点火できるものが必要なので、キャンプの際は忘れないようにしましょう。点火した際は、青い炎であれば燃焼状態が良いということになります。これを目安に燃焼ツマミを回しましょう。

安全面に配慮された機能

対流型ストーブは安全面で様々な工夫がされています。まず耐震自動消火装置がついており、これによって地震などで本体が倒れてしまっても、自動で停止できるようになっています。また2重タンクとなっていることで、灯油が漏れにくいという安全性を保障しています。

季節に応じた使い分けが必要

ブルーフレームは秋や、夜が寒い春などでは、外で使うのも有効です。しかし真冬のキャンプでは、このストーブ一台で暖まるのが難しいと思われます。冬キャンプでは、テント内の暖房用として考えることをおすすめします。テント内で使用するときは一酸化炭素中毒の危険性があるので、一酸化炭素警報機を持参しておくと安心です。

調理として使用可能

石油ストーブとしての基本性能はもちろん、天板には鍋やヤカンを置いて、調理したり水を沸かしたりすることができます。水を沸かすことによって乾燥しがちな冬に湿気を足してくれるでしょう。ただ天板はあまり大きくないため、鍋の大きさには注意が必要です。

ブルーフレーム3911(G)グリーンの基本情報

商品名 ブルーフレーム3911(G)グリーン
ブランド アラジン
価格 オープン価格
型番 BF3911-G
サイズ 高さ551×幅388×奥行405 mm
重さ 8.8kg
燃料 灯油
暖房面積 木造7畳、コンクリート10畳
タンク容量 4.1L
燃焼継続時間 15時間

同じブランドの関連アイテム


最近チェックしたアイテム

  • Burton Antler Snowboard 151.5
  • anon. Mig MFI Goggle ”SuperNova/BlueCobalt”
  • ワンポールテント300
  • シングルショット(マウンテンカモプリント)
  • CRAFT
  • ロシLS 2P
  • ノーザンノバ™
  • ウェザーマスター®デュオドーム
  • PANEL BASKET(無塗装)
  • ウェザーマスター(R)スクリーンタープコア
  • コンパクトローコット
  • トレックドームカペラ/75