武井バーナー パープルストーブ501Aの商品紹介

武井バーナー パープルストーブ501A

武井バーナーのパープルストーブは、熱量が大きいというメリットがあります。予熱といった家庭にある程度の知識が必要なので、このストーブを使う人にはベテランキャンパーさんに多いそうです。またパープルストーブ 501Aは、他のパープルストーブに比べ、値段は高くなりますが、燃料タンク容量が大きく、燃焼時間も長いので便利です。ここではパープルストーブ 501Aの特徴や機能についてご紹介いたします。

熱量が大きく、冬キャンプに最適のストーブ

武井バーナーのストーブは、他社の石油ストーブと比べても熱量が大きく、冬キャンプにおいて重要な役割を果たしてくれます。しかし真冬のキャンプで使用するときや、広いテントで使うときは、このストーブがあっても寒さを感じるかもしれません。状況に応じて複数のストーブを使用することをおすすめします。テント内で使うときは一酸化炭素中毒の危険性があるので、一酸化炭素警報機を持参しておくと安心です。

着火時は予熱作業が必要

使用する際はタンクに8〜9分ほど灯油を入れて、その後、予熱作業を行ってください。これがとても重要となります。予熱は通常2〜3分、寒冷地では3〜5分と状況に応じて時間を変えてください。

まずポンピングという、空気を送り込んでガソリンを気化させる作業を行います。ポンピングの目安ですが、圧力計のメモリが1.5kgになるように意識して行うとよいでしょう。この作業は、使用中も火が弱くなったら適宜行ってください。その後、バーナー部分をチャッカマンで点火して暖めます。またポンピングで加圧しすぎたり、予熱をしっかり行っていないと、ストーブが炎上してしまうことがあるので注意が必要です。

専用の五徳を使って調理も可能

武井バーナーのストーブ専用で作られた五徳を上部に取り付けることで、調理として利用することもできます。五徳とはヤカンやフライパンなどを置くための、金属製の台のことです。また武井バーナーで売られている五徳は、脚もついているため、ストーブ安定させることができるというメリットがあります。

軽量で持ち運びに便利

軽くて持ち運びが簡単なので、女子キャンプでもおすすめです。また小さいストーブであることから、車への積載という面でも非常に助かります。積載の時ですが、移動中に燃料が漏れる恐れがあるため、灯油は別の容器に入れて持っていくことをおすすめします。

パープルストーブ501Aの基本情報

商品名 パープルストーブ501A
ブランド 武井バーナー
価格 65,000円
サイズ 190×370mm
重さ 2.5kg
燃料 灯油
燃焼時間 約10時間
タンク容量 2.8L

最近チェックしたアイテム

  • タシーク
  • フリースアドベンチャースリーピングバッグ/C5(ブラウンチェック)
  • ソル Pro.
  • XLT
  • 2SECONDS EASY GREEN
  • ノーススター® チューブマントルランタン
  • リゾートチェア/(STARWARS)
  • クロノスドーム 1型(スカイブルー)
  • ハイパー氷点下クーラーM
  • スリム四折BBQテーブル
  • 2ルームワンタッチテント T3-159
  • キャンドルランタン