スノーピーク 焚火台Sの商品紹介

スノーピーク 焚火台S

焚火をもっと人々の身近なものにしたいという思いから生まれたスノーピーク焚火台。コンパクトで持ち運びやすく、ソロキャンプにもピッタリなSサイズです。シンプルさと性能を追求した機能美を持ち、とにかく頑丈に作られています。キャンプファイヤーだけでなく、調理したり暖をとったりと使い方は自由です。スノーピーク焚火台Sの特長・スペックをご紹介します。

ソロキャンプで大活躍

焚火台としての使用はもちろん、オプションアイテムを組み合わせることで、調理も可能です。焚火台SにはグリルネットSを設置することで、焚火を熱源として調理可能です。ソロキャンプでは、この焚火台は頼りがいのあるパートナーになることでしょう。

グリルネットは、高さを三段階に調節できるようになっており、これによって焼き加減を調節できるようになっています。また、脚部を本体に折りこむことができるため、非常にコンパクトになり、焚火台の中に収納することができます。

焚火台を便利に使うためのオプション

焚火台にセットすることで、下からの空気の流れをつくります。燃焼効率をアップさせるアイテムです。

ベースプレートには、4本のスリットがあり、焚火台の脚をしっかりとホールドします。火を扱う器具は重大な事故につながりかねないので、少しでも危険性を減らすために安全面にはぬかりありません。

焚火台本体や、オプションアイテムが収納できる収納ケースです。保管・持ち運びがこれ一つでできます。

人類最大の発明「炎」を楽しむ

人類の生活の中心にはいつも炎がありました。火の使用は人類史上において最大の発明といってもよいでしょう。暖をとったり調理をしたり、炎の使い道は様々。揺らめく炎を眺めているだけでも、心を落ち着かせてくれ、何か安心感のようなものを与えてくれます。

スノーピークの焚火台は、そんな古代から続く火の利用を、現代のキャンプという場に適した形として生み出されました。直火によって地表にダメージを与えることなく、身近に焚火を楽しめる工夫が盛り込まれています。

追求された機能美

三角形のプレートを4枚使用した実にシンプルな構造です。厚さ1.5mmのステンレス材を使用しており、焚火や炭火の高熱に耐えられるように、何度もテストを重ねられています。プレートの空気穴が、さらなる燃焼を促進するほか、デザイン性も高い機能美を持ちます。

フレームはステンレスパイプを使用しています。プレートとしっかり溶接され、加重を受け止め、接地部が安定するようにデザインされています。

収納時には折りたたむことで、幅を最大限まで小さくできます。トランクのちょっとした隙間にしまうことができるのでとても便利です。使用する時も開いて地面に置くだけで、特別な取り付け作業を必要としません。

焚火台Sの基本情報

商品名 焚火台S
ブランド スノーピーク
価格 8,600円
型番 ST-031R
サイズ 使用時/27×27×高さ21cm
収納時/35×41×高さ2.5cm 
重さ 1.8kg
材質 本体/ステンレス
ケース/ナイロン
セット内容 本体、収納ケース

最近チェックしたアイテム

  • ポルヴェーラ34
  • ピコラ
  • ウェザーマスター®デュオドーム
  • SABOTAGECLASSICKS
  • EX-1000C
  • レインボーストーブ RB-25F (ホワイト)
  • トレックドームカペラ/120
  • タスマンキャンピングマミー/L-15
  • ツイン・ブラザーズ
  • シーズンズランタン2017
  • コルネットストレッチ/L-10
  • neos パネルLINKタープ for small car & Qセットタープ(165×250cm)